自然湖1984年(昭和59年)9月14日に発生した「長野県西部地震」によって、御嶽山は一部が崩壊しました。そこから流れ出した膨大な量の土石流によって、川がせき止められてできたのがこの湖。当時使われていた橋や道がそのまま残っています。冬になると全面結氷して、ワカサギ釣りを楽しむこともできます。
 自然湖は「滝越地区」へ行く途中にあります。大又山荘を下り、ガソリンスタンド手前を右折(左折は国道19号線)。下り方向の道を山の奥へ進むと行けます。

【参考】見どころ完全マップ


自然湖
湖に枯れ木が立ち並んでいます。

自然湖
当時使われていた橋がそのまま。車は入れませんが歩いて渡れます。

斜めになった樹木
道の脇には柵も何もありませんのでご注意。

昔の道路
木々が倒れているところもありますが、車道を散歩できます。